共用エントランスがない!一戸建て感覚で住める集合賃貸住宅とは?


集合住宅なのに階上と階下の部屋を使えるタウンハウス

戸建て賃貸住宅は、部屋数が多い上、隣室に居住者がおらず、快適に住めることから人気があります。しかし、どうしても賃料が高くなるでしょう。戸建て賃貸住宅に比べて家賃が安い集合住宅は、エントランスが共通で他の居住者と顔を合わせる機会が多いので、煩わしく感じる人もいるかもしれません。そこで、戸建て感覚で住めるタウンハウスやテラスハウスという集合住宅が考案されました。タウンハウスとテラスハウスはいずれも隣の世帯と壁を接する長屋作りの住宅で、分譲の場合は土地所有の形態に違いがあるものの、賃貸の場合は大きな違いがありません。

各戸の出入り口は別々に設けられており、共用エントランスが存在しないのです。こうした賃貸住宅は、通常2階建てか3階建てで、階上の部屋は室内の階段で結ばれ、同一居住者が全ての階を使えます。したがって、階下の住人に対して足音を気にする必要がありません。ただし、壁越しに隣室へ生活騒音が伝わる可能性はあります。

メゾネットタイプの賃貸住宅

メゾネットタイプの住宅も、居住者全員に共通のエントランスがありません。ただし、階上と階下では別の世帯が住むため、2階以上に住む人は階下に足音が響かないよう注意が必要です。その代わり、隣室との境目は共用の階段が設置されていて、壁越しに生活騒音が聴こえないよう工夫されています。階段以外に隣室と接する面がある場合は、収納・浴室・トイレなどを間に置くことによって、壁1枚だけでリビングルームが隣室と接する部分を減らしているのです。

札幌中央区の賃貸物件を借りると、雪まつり、ソーラン祭りなどの様々なイベントを間近で楽しむことができます。