資金計画もしっかりと!注文住宅の住宅ローンについて


住宅ローンを利用するときの流れ

注文住宅を建てるときに住宅ローンを使いたいときには、まず資金計画を立てます。どのくらいのお金が手元にあり、予算はいくらにするのか、ローンでいくら借りるのかなど具体的に考えましょう。資金計画を立てたら建築契約をして、ローンの申し込みをします。申し込んだ人の収入や年齢、職業などからいくら融資が出来るのか割り出されて、結果が通知されます。内容に問題がなければローンの契約に進んで、返済計画に応じて毎月お金を返していく流れです。無理なく返済するためにもきちんと返済シュミレーションをして、計画性を持ってローンを利用することが大切です。

つなぎ融資を賢く活用

注文住宅を購入するときに利用することが出来るローンの中には、つなぎ融資というものがあります。つなぎ融資は注文住宅を建てる前の一時金を立て替えてくれるもので、資金が少なくてもマイホームを手に入れられる便利なサービスです。一般的に住宅ローンを利用するときには建物が完成して、代金を支払うタイミングで融資を受けます。注文住宅の場合は特殊で、建築に関わる費用をその都度支払うケースが多く、まとまったお金が常に必要となります。支払いのためのまとまったお金が手元にない、すぐに現金が用意出来ないときに助けてくれるのがつなぎ融資なのです。着工資金や中間金、竣工金などの資金を援助してくれます。ローンの返済は建物が完成するまでは利息のみを、完成してからは借り入れたお金と利息を支払う仕組みです。

愛知の注文住宅の相場は、土地と注文住宅を合わせた金額は平均4,500万円。注文住宅だけなら平均3,500万円になります。