便利で快適な暮らしのために!賃貸物件を選ぶ際にチェックしておきたい設備機器


ユニットバスからセパレートへ

ワンルームハイツのような単身用賃貸物件によく見られるのが、ユニットバスと呼ばれる住宅設備です。築年数の古い物件にも、ユニットバスはとく見られます。言うなれば、トイレと浴室、洗面所が同じ部屋にまとまっている設備のことです。洗面やトイレ側に湯が跳ねないように、浴槽にはカーテンが付いているものも多いです。

しかし近年、ユニットバスからセパレートへと設備は変移しています。セパレートとはトイレと浴室が別になっているタイプです。特に女性は、セパレートを好む人が目立ちます。賃貸の案内時には、ユニットかセパレートかも判断基準のひとつになるでしょう。

便利なシステムキッチンとビルトインコンロ

電子レンジや収納、シンクなどすべて一体化したシステムキッチンが、賃貸物件でも主流になっています。使いやすいシステムキッチンは、単身世帯、ファミリー世帯関わらず好まれています。デザイン面と機能面の双方を備えているのが魅力です。

さらに昔と違い、コンロもビルトインタイプが人気を呼んでいます。ビルトインとはガス台とコンロが一体化した形のものです。台とコンロの間に隙間が少なく、汚れにくい上に掃除も簡単です。

賃貸のキッチン設備においても、どんどんと新しいものが開発されています。

収納設備もチェックしよう

住宅の設備で意外と重要なのが、収納です。収納が少ない賃貸物件は、荷物を片付けるのが大変です。クローゼットや床下収納、ビルトインのシューズラックやトイレの天井部分の棚など、とにかく収納スペースは多いほど便利でしょう。

収納が少なくて荷物が溢れてくると、部屋が狭くなってしまいます。快適に広いスペースで過ごすためにも、収納設備が充実した賃貸を選びたいものです。

恵庭の賃貸の中には、時間や曜日に関係なく集積所にゴミを出せる物件も増えているので、早朝や夜間に出すことも可能です。