知っていますか?注文住宅の選び方と設計のポイント


注文住宅は依頼する業者によって異なってくる

自分の好きなように家を建てられることで人気の注文住宅は、実は依頼する業者によって様相が異なります。そのため、注文住宅を依頼できる業者の種類と、それぞれの得意分野を理解してから頼むと良いでしょう。

注文住宅を依頼できる業者の一つが、ハウスメーカーです。ハウスメーカーが取り扱う注文住宅は、住宅展示場などで実際に建てられる家を見ることができます。そのため、建築の知識がない人でも容易にイメージしやすい点がメリットです。また工務店では、地元密着で仕事を行っているので、その土地に適した家づくりができるほか、アフターケアも期待できることでしょう。こだわりを持って家を建てたい人は、設計事務所に依頼すると良いかもしれません。間取りや設備など、依頼主の要望を最大限に生かした家づくりができるはずです。

注文住宅の設計で気を付けたいこと

好みに合わせて自由に家づくりができるとはいえ、注文住宅を建てる際には注意すべき点もあります。まずは、動線を考えた家づくりをすることが大切です。まだ建ててもいない家の間取りを考えることは難しいですが、家事をする、学校や仕事に行くなど、自分たちの行動と、特に忙しさを感じる時間をイメージして、効率よく動けるように間取りを設計すると、住んでからストレスを感じずに済みます。加えて、あまりにもデザイン重視の家づくりをしない方が良いようです。例えば、最近はやりの対面式やアイランド型のキッチンは、見た目は素敵ですが、リビングなどから見えやすいため、こまめにきれいにする必要があります。

神奈川の注文住宅には、ガレージハウスがついたものや広いバルコニーがあるもの、屋上に庭園があるものなどがあります。